読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

厳選お取り寄せ・おすすめ「呼ばれろ」を楽しむ毎日♪

食べる!健康!ライフスタイル!で心豊かに毎日を過ごす「呼ばれろ」な毎日!

美味しい珈琲と紅茶を淹れるには

お水大好き!



PR 検索急上昇!売れています。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こちらから⇒ ことぶき家のレモンもつ鍋が関西テレビ「よ~いドン!」で紹介!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ PR


水には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれています。

簡単にいうと、カルシウムとマグネシウムが

比較的多く含まれる水が「硬水」になります。

見た目は同じ軟水・硬水ですがですが、

まろやかに感じたり重々しく感じたり、

水にも風味があるのはこのため。

成分の違いから、一般的に軟水は口当たりが軽く、

硬水はマグネシウムが多いほど、

しっかりした飲みごたえを感じるようです。

ちなみにいろいろなミネラルウォーターを、

ゆっくり飲んで舌を慣らせば、

以前は感じなかった水の柔らかさ、甘さ、滑らかさまで

区別がつくようになるとか。

軟水のいいところです。

・ミネラルが硬水より少なく、胃腸に優しい

・代謝が活性化し、デトックス効果やダイエット効果がある

・肌の乾燥を防いでくれて、美肌効果がある

このように、健康のために飲む場合は、

硬水よりも軟水の方が良さそうです。

ちなみに軟水と硬水では、

紅茶やコーヒーの味わいが全く変わってきます。

簡単に言うと、軟水を使った紅茶は、

紅茶本来の味と香りがストレートに出てきます。

硬水を使うと渋み成分であるタンニンの抽出が抑えられ、

味と香りが弱まる代わりに、コクが出てます。

ただ、ミネラル成分とタンニンが結合して、

表面に変な膜が張ることもあります

(ミルクを入れればこの膜は消えます)。

ですので、紅茶は、基本的に軟水でいれましょう。

ちなみに、紅茶インストラクチャーの人に直接聞きましたが

お水は水道水でいいそうです。

コーヒーでは、軟水の場合は紅茶と同じで

豆の味や香りがそのまま出ます。

一方硬水で入れると、香りや味がマイルドになったり、

きつくなったりと微妙に変化します。

水を変えてあれこれ楽しんでみては(^^♪

手でおとすのも、いいのですが、

なかなか一定の品質でおとせないのがつらい。。。

ま、それが楽しいともいえるのですが、

めんどくさい人にはこちら!

ハンドドリップで大切なことの一つが、

「蒸らし」

この機能が付いているこちら!

でもちょっとだけ本格的に、、、

というなら、入れる直前に豆を挽こう!

marchan愛用の2点セット!

お客さんがそこそこ遊びにくる、という人におすすめ♪