読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

厳選お取り寄せ・おすすめ「呼ばれろ」を楽しむ毎日♪

食べる!健康!ライフスタイル!で心豊かに毎日を過ごす「呼ばれろ」な毎日!

霊峰富士・忍野の名水でお水のおいしさと健康にこだわろう!

お水大好き!



PR 検索急上昇!売れています。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こちらから⇒ ことぶき家のレモンもつ鍋が関西テレビ「よ~いドン!」で紹介!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ PR


「 日本の水のほとんどが軟水で、

ヨーロッパや北米には硬水が多く存在します。

これは大地を形成する地殻物質が異なるから。

天然水は地中にしみ込んだ雪や雨水が地層中で汚れやゴミを濾過し、

地層中のミネラルを吸い取って湧き出しています。

日本は国土が狭く地層に浸透する時間が短く、

ヨーロッパや北米の大陸では地層に接する時間が長いことが、

硬水と軟水を生み出す要因のひとつとされています。

水の硬度はその土地の食文化と密接に関連しています。

肉がメインの西欧料理ではミネラルが不足しがちなため、

ヨーロッパでは硬水で不足しがちなミネラルを補っています。

日本も食の欧米化が進み、食事だけではミネラルが不足しがちになっています。

食文化のグローバル化が進んでいるのにもかかわらず、

水のグローバル化は遅れたままになっています。

食事によって、軟水と硬水を飲み分けてみていはいかがでしょうか?

参考文献

『万病を防ぐ「水」の飲み方・選び方』(講談社+α文庫)

『ミネラルウォータの処方箋』(日東書院)

著者:藤田紘一郎 」

evian ホームページより引用

日本では軟水が一般的なので、

日本人には基本的に軟水が合っているのかもしれません。

料理に関しても、

和食やお米を炊くには軟水

がぴったり。

(肉料理やパスタを茹でるときは、

軟水ではなく硬水のほうが美味しくできます)

軟水のメリットは、

素材の旨みや香りを引き出しやすいので、

出汁をとるときや煮物を作るときなどに使うなど、

繊細な味付けを求める和食に向いています。

さてこのお水は、不足しがちなミネラルを身体に吸収しやすくしています。

食事にもよく、身体にも優しい。

ぜひ一度お試しあれ♪